schedule – スケジュール –

イベントを読み込み中

« schedule 一覧へ戻る

  • このイベントは終了しました。

PLAYERS ☜pick up

11月 20

イベント ナビゲーション

詳細

日付:
11月 20

 

DJ  NORI Profile

86 年に渡米、Larry Levan と共にプレイする経験を持つ。映画『MAESTRO』では、世界のダンスミュージック・シーンに最も影響を与えたパイオニアのひとりとして出演。’06 年、
初のミックス・アルバム『LOFT MIX』をリリース。
’09 年、キャリア集大成ともいえる“DJ NORI 30TH ANNIVERSARY”を開催。前人未到の30 時間ロングセットを達成。2013 年 6 月より青山 ZERO にて新パーティ<Tree>を始動。
同年、<Salsoul>と<West End>の音源をミックスした『Spirit Of Sunshine – Nori’s WestEnd Mix』を<OCTAVE LAB>よりリリースし、海外でも人気のシリーズとなる。
また奇才プロデューサー、Maurice Fulton との交流も深く、共同制作した楽曲を収めた EP『We Don’t Know EP』<Running Back / Bubbletease Communications>も国内外で高い評価を得ており、楽曲制作においても活躍。
2015 年 11 月 25 日に、再びミックス CD『Take The N Train -Nori’s Mix-』を<OCTAVE-LAB>よりリリース。2017 年には同じく<OCTAVE-LAB>よりダンス・クラシックスの宝庫<TK Records>の膨大なカタログから選曲した DJ ミックス CD『GHETTO DISCO:Nori’s T.K. Disco Session』をリリース。
さらに”King Of Diggin”こと、MURO とのユニット、CAPTAIN VINYL での活動においては、渋谷 Contactでのレギュラーパーティに加え、Boiler Roomアニバーサリーへの出演や、2018 年にはミックス CD『DIGGIN’ DISCO』をリリース。
また、当時の NY をリアルタイムで経験した人物として、『C’5 Vol.2 中村キース・ヘリング美術館 10 周年記念〜キース・ヘリング・ナイト〜with Red Bull Music Academy Workshopsession(2017 年)』に出演、『Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道(2018年)』展ではコメントを寄稿。
40 年以上のキャリアを持つ今もなお、音楽のみならずあらゆるカルチャーシーンにおいていまだ精力的に活動を続けており、音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知る DJ として、世界の至宝と呼ばれる所以となる。

 

EITETSU TAKAMIYA Profile

1980年代末期よりクラブDJとして活動を始める。90年代初頭には、レギュラーDJとして週6日を都内各クラブでプレイする。同時にあらゆるアーティストのリミックスやプロデュースを手掛け、音楽制作スキルを磨くとともに、人脈を広げる。1995年、満を持してインディペンデント・レーベルFlower Recordsを立上げる。これまでにReggae Disco Rockers、Jazztronik、Sunaga t experienceをはじめとした才能あるアーティスト及び、その作品を世に送り出している。また自身の音楽制作プロジェクトであるLittle Big Bee名義として、PE’Z、COLDFEET、宮沢和史、伊藤由奈など、数多くの国内アーティストやAtjazz(UK)、KENNY BOBIEN(US)、SUGAR HILL GANG (US)、TENTH & PARKERなど海外アーティストのリミックスやプロデュースを務めると同時に、オリジナル作品もコンスタントに自身のレーベルより発表。
2006年、Little Big Bee名義でアルバム『WATERMAN』をリリース。
2007年にはFlower Records音源の中から選りすぐりの名曲をRe-Edit、Mixを施したチル・アウトMIX CD『SILENT DREAM mixed by Eitetsu Takamiya』をリリース。
Little Big Bee名義でのK.G.O. (Jazztronik Remix)はTom Middletonによりプレイされたことをきっかけに、Danny Howells がBBC やWMC にてプレイし、Beatport にて配信開始した直後にシングルオブザウィークを獲得。RenaissanceよりリリースされたTom MiddletonによるMIX CD “One More Tune”にはTOM自身によるエディットを施したK.G.O. (Tom Middleton Remodel)もヒット。
また、フランスのダンスミュージック・レーベルYellow Productionに残した作品『Searchin’』は、アメリカの人気ドラマシリーズ『セックス・アンド・ザ・シティ』に採用された。
他には映画『ゲロッパ!』(井筒和幸監督作品)にて音楽監督、『純喫茶磯辺』(宮迫博之主演作品・2008年7月公開)ではクレイジーケンバンドの横山剣が率いるクレイジーケンバンドの別動隊CKB-Annexとして音楽を担当、CM音楽やTVドラマ『湯けむりスナイパー』ではサウンドトラックを担当。DJのみならず制作、マネジメントなど多方面にて精力的に活動中。更にShibuya CLUB BALLのプロデューサーとしても活動している。

 

MURO Profile
日本が世界に誇る King Of Diggin’こと MURO。「世界一の Digger」としてプロデュース/DJ での活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。現在もレーベルオフィシャル MIX を数多くリリースし、国内外において
絶大な支持を得ている。多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。
毎週水曜日 21:00〜 TOKYO FM MURO presents「KING OF DIGGIN’」の中で、毎週新たな MIX を披露している。
番組 HP https://www.tfm.co.jp/kod/
MURO
World renown DJ and tireless digger, MURO aka King Of Diggin’. His portfolio expands from DJ
to production, from underground to major, throughout Japan and worldwide. Releasing countless
label official mixes past and current, he receives deep respect from artists and music lovers
around the globe. He is one of the highest artist of interest in the many fields he prevails.

 

1978年六本木グリーングラスにてキャリアスタート
以降西麻布、六本木、渋谷、青山周辺の様々な歴史に名を残すDISCO,クラブでレギュラープレイ
現在還暦を超えてなお
モダンハウスミュージックを軸にルーツミュージックを交えるスタイルは不変
バイナルオンリーで勢力的に活動している。

 

DJ 唐辛子こまつ
〈BlackLove
@Cafein、
音楽室@Ball、
Vinyl Kitchen@ygg、
Lyric(休眠中)〉

80年代初頭、REGGAEとPUNK、じゃがたらに、多大な影響を受ける。
『第三倉庫』『69』にてCLUB入門。
同時期にバンド活動開始(BASS)。JAZZに目覚める。
小林 径、内川マサヒコ両氏を師と仰ぎ、90年代半ばよりDJ始動。
Blues、Soul、Boogie、Jazz、Reggae、Latin系を新旧織り混ぜる選曲スタイルを持ち味とし、David Mancuso(Loft)のパーティ精神を常にリスペクトしている。
渋谷Ballの“音楽室”は23年目に突入。

 

■OPEN17:00-0:00

■DOOR¥2000/1D付

DJ

NORI

MURO

EITETSU TAKAMIYA(FLOWER RECORDS)

KIYAMA

唐辛子こまつ